電子カルテ

電子カルテ

電子カルテによる業務の効率化や診療の質の向上は目を見張るものがあります。
文字入力の大変さや個人情報の保護など不安もあるでしょうが、将来的に全国の病院や診療所がネット繋がる時代になれば、どこの病院ででも、電子カルテの情報を利用することが出来るようになります。
また、患者側も、同じような検査を何回も受けることがなくなり医療費が抑えられるなどメリットもあります。

富士通電子カルテシェア

的確な指示を出す事が出来ます。診察が終わったときには、医師の指示は会計にすでに伝わっています。特に薬の処方箋など、従来は患者が処方室に持って行っていました。ごく当たり前だと考えて疑問に感じない方も多いと考えます。ドクターボードで更に業務を効率的に行う事ができるようになるでしょう。今回ご紹介するのは、実際に電子カルテシステムERを導入している足利富士見台病院のスタッフさんのお話です。

画像ファイリングとビューワシステムを兼ね備えたのが、"MindImage"です。

オーダーミスや指示忘れなどもありません。実際に使っている診療所が徐々に増えてきている様です。カレンダー上から修正も追加も可能です。シーマチャートを導入して良かった。

事務方にとっては強力なサポートになります。受付で"ORKA"に患者さんの情報を登録し、そのまま医師に伝わります。

全ての診療科の請求計算を同時に行う事が出来ます。ミスがかなり減りました。レセプト確認機能がついています。

男性恐怖症の症状と克服方法 ビタミン 乳がんの自己検診(触診法) ビタミンEと抗酸化作用 副作用の心配のないアスタキサンチン

日立電子カルテ

今まで主流で使われてきた紙のカルテが、電子カルテに少しずつ意向し始めています。ある病院で治療が困難な場合などに医師に紹介状を書いてもらう場合がありまでです。

患者さんが受付を患者さんの情報や問診票などが、院内の連携システム全てに迅速に伝わります。初診の患者さんが記入する問診票は、受付で簡単に入力可能です。検査結果の表示も簡単です。キーボードの入力が苦手な医師にとっては、業務の負担を減らす方法としてたいへん使いやすいものになっています。サンヨーの電子カルテシステム"メディコムDP/XII"の素晴らしい機能の数々を見ていきたいと考えます。現在の医療機関一定期間が過ぎると過去のデータは処分してしまう様です。

一緒に画面を見ながら細かく説明出来ます。手書きの操作と"MedicalAI"を合わせた事です。色んな面でメリットが広がってるなって感じまでです。現在のところはその様な方法がありません。

紹介していきましょう。病院の外来用のカルテで見ていきたいと考えます。紙カルテの形式である2号紙のイメージを採用しています。

院内の通達や連絡事項、注意事項等をリアルタイムで確認する事も可能です。

砂遊び療法と箱庭療法 口臭予防は正しい食生活から マタニティになったら服選び メタボ検診のペナルティー 保険料 コンタクトレンズの誕生

東芝電子カルテ

電子カルテは情報が消えてしまう可能性というのが心配です。患者側から医師の言うことは信じたいのは山々です。違う病院での処方内容も表示する事ができ、レセプトの点検作業を行う医療事務の方にとっては、たいへんありがたい機能になっています。

ドクターボード(Dr.Board)は、電子カルテでありながら手書きで入力できる、紙カルテの良いところも残した最新の電子カルテです。短時間化する事が出来ます。診療所で行われる業務をサポートしていきます。定型文も保存しておけます。医療費請求に関わる診察の内容や薬のことなどが書いて有ります。電子カルテだと情報が整理されて管理されます。

会計確認画面もかなり見やすく、左側にはカルテを、右側には会計の計算を同時に表示出来ます。時間が大幅に節約出来ます。

診療時間を入れても20分〜30分で済むようになったんです。患者さんの基本的な情報を始め、アレルギーや過去の診察内容も瞬時に把握する事が出来ます。他には、診療に使う医療機器は沢山有ります。印刷の範囲もこちらで設定出来ます。

電子カルテで打ち込むだけだと、自分が何を入力したのかも忘れている事が有るんです。

女性と骨粗しょう症 内科的観点から見る更年期症状 メソセラピーとリバウンド メタボ検診と企業採用 糖尿病と中食の上手な利用術

病院電子カルテシェア

外注で検査を依頼し、そこから戻ってきた検査結果を、カルテにワンタッチで登録する事が出来ます。直感的な操作が出来ます。仕事がかぶる事がありません。個人情報の保護がこれだけ世の中の人に浸透した今、医療現場における患者の情報の管理はかなり慎重にならなければいけなくなりました。シーマチャートを使う事です。弊害も存在する事が、なかなか普及に至らない一つの原因だと考えられます。

初診の患者さんが記入する問診票は、受付で簡単に入力可能です。採血等をした場合は、そのデータを見せてもらったり複写をもらったりする事もあるでしょう。実施歴参照機能という優れた機能も有ります。

院内の通達や連絡事項、注意事項等をリアルタイムで確認する事も可能です。様々な電子カルテを実際の現場で使用し、新たに分かった問題点や解決策から生まれた、画期的な製品であるといえます。その分のスペースを他の機材を置いたりして活用する事ができるようになりました。油井コンサルティングの"ドクターソフト"を紹介してみたいと考えます。

紙のカルテの場合、カルテの管理の仕方が違うところも有ります。

受付において過去の保険履歴を確認出来ます。紙のカルテの場合、一定期間ごとに更新されたり処分されたりしてしまう事が有ります。

がん保険比較 靭帯性外反母趾 子宮筋腫がもたらす不妊 腰痛に効く水中歩行のやり方 高血圧症のための漢方薬

診療所電子カルテシェア

画像やグラフ等をカルテに貼り付けておくことも出来ます。医師の紙のカルテに慣れている人も多いのです。そういう意識を持つ事が今までなかったんです。

自分の医療データのコピーがあれば持ち歩けます。間違いやミスを少なくする事にも繋がりまでです。患者さんとしても安心です。同じ病気で訪れたなら、その電子カルテで検索して同じ薬を処方すれば良いのです。カルテの殆どは紙全てのデータを長期間保管しておくことは、スペースの問題等から現実的に難しいです。業務全てに共通してデータを使用出来ます。

ドクターボードの最大の特徴は、なんといっても手書きで有るんです。画像ファイリングとビューワシステムを兼ね備えたのが、"MindImage"です。

紙カルテだと、沢山の情報から探すのがたいへんでした。サンヨーの電子カルテシステム"Medicom(メディコム)DP/XII"に関して、お話したいと考えます。1年前にやった検査は"と紙のカルテをひっくり返す必要もありません。月末まで待たなくてもレセプトができてたいへん便利です。

患者側からしてもありがたい機能だといえます。

赤ちゃんの病気のサイン 気管支喘息 乳がんに対する治療方法 酵素風呂・酵素温浴 コレステロールを下げる食事 子宮筋腫 筋層内筋腫