電子カルテ比較

電子カルテ比較

情報の管理と保存が行われているのでしょうか。現在の医療機関一定期間が過ぎると過去のデータは処分してしまう様です。処方や診療行為、病名といったマスタ全てに関して、厚生労働省の"レセプト電算マスタ"を採用しています。全体的な進行状況も、直ぐに把握する事が可能です。オンライン請求に対応しているレセプト電算機能も配備されています。焦らなくても準備はOKです。

キーボード入力の電子カルテに比べて、患者さんとのコミュニケーションもより多くとる事が出来ます。マウスとフットスイッチを使った直感的な操作です。診療の質を落とさずに進める事が出来ます。電子カルテなので持ち運びの必要もなく、院内で共有して情報を管理する事が出来ます。

医師は患者とのコミュニケーションを図らなければいけません。健康管理や、旅先に持っていくものとしても重宝します。

一般的な電子カルテを使うことへの抵抗があったんです。紙カルテと同じ感覚で操作できるようになっていて、パソコンが苦手な医師でも操作は簡単です。診療情報は会計担当者が入力する事になります。

書き込む内容もかなり複雑なものになってきます。

がん治療法 肌を元気に化粧水 にきび痕治療法 乳房の変化と乳がんの関係性 アスタキサンチンを持っている動植物