電子カルテ問題点

電子カルテ問題点

紙のカルテのように手書きでの入力が出来るようになったものです。手術が必要と言われても、本当に必要な事なのか調べたいときだってあるでしょう。医師がカルテにデータを入力してすぐ、薬剤師は薬を調合する事ができ、患者に薬が渡るまでの時間が大幅に短縮されます。

リアルタイムで行えるというのは、最大のメリットだと考えます。

いざ受診するというとき、全国どこの病院でも自分のデータが見れたらかなり便利だと考えます。旅先だと知らない医師が担当です。もしも、前の病院での蓄積データを見る事ができれば、こんな時間のロスはしなくて済みまでです。前回の印刷から続けて印刷を行いたいときも、追記機能がついています。薬の効き目などの情報を、簡単にプリントアウトして、その場で直ぐに渡す事が出来ます。ことから、医療データは出来る限り長い期間保持されるのが望ましいといえます。

人任せ医師まかせにしない患者さんが増えてきた様な感じがしまでです。業務が楽になったといっていまでです。余裕がなければ機嫌も悪くなります。デメリットは、患者が1日のうちに複数の科を受診する場合、カルテを移動する手間がかかる事です。

長い間紙のカルテでやってきたベテラン医師などは、パソコン操作がストレスになる時も有ります。レセコン専用機だとコストが気になるのですが、ダイナミクスなら、パソコンを使って電子カルテレセプトシステムの統合環境を作る事が出来ます。

痴呆症の症状と治療 生活習慣と動脈硬化 禁煙に深呼吸が効果的 スペイン風邪パンデミック AGA男性型脱毛症の治療