セコム電子カルテ

セコム電子カルテ

情報で診療情報提供書や紹介状などの文書を簡単に作る事が出来ます。電子化の大きなメリットは、情報が共有化されるという点に有ります。紙カルテには、ベテランの医師になるほどその書き方は独自のものが有ります。医師は患者とのコミュニケーションを図らなければいけません。

電子ベースのデータに置き換えられ、患者の容態が直ぐに閲覧できるようになりました。データをグラフ化したり表にしたりすれば、病気に詳しくない私たち分かりやすいデータとして見る事が出来ます。低コストで実現出来ます。

今までは黙々とこなしていた作業一つ患者さんのためという意識で行う事が出来るようになりました。中小の医療機関にはうってつけのシステムだといえます。

手書きだとどうしてもかかっていた書き込みの時間が、大幅に短縮されました。

様々な電子カルテを実際の現場で使用し、新たに分かった問題点や解決策から生まれた、画期的な製品であるといえます。外来の状況をリアルタイムで知る事が出来ます。入力するのにも手間がかからず、簡単にわかりやすく出来るので助かってます。診察しながら検査や薬を選んだり、患者さんと相談して決める事が出来ます。診察室にいても受付にいても、院内全てでメッセージの交換ができ、指示を受けたり処理報告も即時にする事が出来ます。1人の患者が内科と外科を受診する、よく有ります。

メタボリック症候群と運動 乳がんの早期発見のために大切な自己検診 子どものうつ病治療 箱庭療法 腎臓の水分の再吸収機能 糖尿病の合併症