オーダリングシステム

オーダリングシステム

今まで初診の患者さんとそうでない患者さんと、一緒の受付管理でしたのです。

患者さんとしても自分の状態がよくわかり、サービス的な面でも向上させる事が出来ます。キーボードは一切なく、医師は今までどおりの作業を行うだけで良いのです。外来の状況をリアルタイムで知る事が出来ます。

沢山の情報をみやすく分かりやすく整理して、使いたいときに直ぐに対応できるように工夫が凝らされています。シーマチャートを使ってレセプト点検を行えば、点検した日時と担当が直ぐに分かります。これらを解決するには、電子カルテを導入した方が得策だな、と思ったのがきっかけです。情報が混同しがちなところを、きっちりと分別して情報発信出来ます。手計算による会計処理から電子化になる事です。電子ペンを使う事です。

電子カルテは情報が消えてしまう可能性というのが心配です。今までどおりの、親しみやすい診療を行いながら、業務は楽になるというのはたいへんありがたいです。

採血等をした場合は、そのデータを見せてもらったり複写をもらったりする事もあるでしょう。その日に行った診療も確認出来ます。請求がオンライン化される"オンライン化請求の義務化"にもきっちりと対応していて、レセプトの電算化にも標準で対応してくれます。たいへん良い事だと考えます。

卵巣がん手術 外科療法 マタニティになったら服選び タバコの害と禁煙 自己検診の習慣化で乳がん早期発見 便秘解消方法