電子カルテシェアメーカ

電子カルテシェアメーカ

確認漏れも少なくなります。

薬が合っているかどうか、次の診察はどうするかなど、的確な対応をスピーディーに行えるようになっています。"メディコム"を導入している依藤診療所の依藤院長と、花岡こどもクリニックの花岡院長のお話を聞く事ができました。今までどおりの、親しみやすい診療を行いながら、業務は楽になるというのはたいへんありがたいです。オーダーのときも優れた機能がついています。

端末ごとです。診察中の医師の状況を簡単に把握できたり、待っている患者さんの様子などが直ぐにわかるようになりました。

受付がいなくても、患者さん自身の操作で受付が可能になっています。各科カルテ"の場合だと、そういったデメリットはありません。レセコン専門の機能が、医療会計システム"レセカルク"です。そういう意識を持つ事が今までなかったんです。花岡院長は特にレセプトシステムとしての評価が高いそうです。レセプトを行う機能までついています。

患者の殆どは以前にどこかで受診しているはずわかればかなり早いでしょう。月末に業務を集中させなくて済みます。電子カルテシステムERをはじめ、ワイズマンのシステムも導入しています。

犬パルボウィルス感染症症状と予防 肌に良い栄養素 コンタクトレンズ処方 問診と検査 不登校の子どもの心 食事療法と動脈硬化