電子カルテシェア

電子カルテシェア

行った計算に関しては勿論、入院料の減額はいつから、という細かい部分まで計算出来ます。検査を行った結果を一覧にして、時系列で表示する事が出来ます。昔のデータも直ぐに閲覧できて助かっています。

追加でシステムを導入する必要もありません。人間間での連携も益々強くなるでしょう。

事務的にサクサクこなしていかないと追いつかなかったのです。診療が満足にできないこともありますからね。実際に導入しているは、どんなメリットが有るのでしょうか。同じ医師が担当する事になる場合が有ります。モニターを2つ表示する事もでき、診療環境やスペースなどに合わせて使いやすい電子カルテにする事が可能です。患者さんの基本的な情報を始め、アレルギーや過去の診察内容も瞬時に把握する事が出来ます。

検査結果をグラフや表で表示出来ます。

内容はそのまま、パソコンに転記されます。医師が指示した内容が、レセコンにスピーディに送信出来ます。結構な手間がかかります。頭文字から検索をかける事ができ、探す手間が省けます。

外反母趾 親指の運動 病変性外反母趾の症状 発疹 生活上の注意 塩分の摂り過ぎ 精神的更年期の症状 躁うつ病