電子カルテ

電子カルテ

現在のところはその様な方法がありません。業務にかかる時間が短縮されたことで生まれる"時間と心の余裕"というのが、一番ありがたいと考えてます。正常所見と異常所見を明確にわけて、見やすいカルテを作る事が出来ます。

"メディコム"を導入している依藤診療所の依藤院長と、花岡こどもクリニックの花岡院長のお話を聞く事ができました。このシーマチャートの、診察時における活躍ぶりを見ていきたいと考えます。具体的に、どういった点がメリットとして有るのでしょうか。一つの病院内でまとめて管理をする"病院内一カルテ"と、診療する科によって分ける"各科カルテ"が有ります。

電子カルテは必要機能がまとまって構成されています。

医師の負担が、文書作成機能でかなり軽減されます。これだと低コストで実現出来ます。

経過表や検査結果を使ってグラフや表を簡単に作成でき、手間のかかる管理も単純作業で行う事が可能です。小さめの規模の医療機関に大層なシステムは必要ありません。病名ボタンというのが有ります。医師が出した指示は、看護士が直ぐに確認でき、行ったあとの終了入力も簡単に出来ます。書き込む内容もかなり複雑なものになってきます。薬が合っているかどうか、次の診察はどうするかなど、的確な対応をスピーディーに行えるようになっています。

赤ちゃんの血液の病気 血友病 ビタミンCとイオン導入でにきびケア 血糖値を下げる方法(うるウォーター マタニティになったら服選び 初めてのコンタクトレンズ