病院電子カルテシェア

病院電子カルテシェア

外注で検査を依頼し、そこから戻ってきた検査結果を、カルテにワンタッチで登録する事が出来ます。直感的な操作が出来ます。仕事がかぶる事がありません。個人情報の保護がこれだけ世の中の人に浸透した今、医療現場における患者の情報の管理はかなり慎重にならなければいけなくなりました。シーマチャートを使う事です。弊害も存在する事が、なかなか普及に至らない一つの原因だと考えられます。

初診の患者さんが記入する問診票は、受付で簡単に入力可能です。採血等をした場合は、そのデータを見せてもらったり複写をもらったりする事もあるでしょう。実施歴参照機能という優れた機能も有ります。

院内の通達や連絡事項、注意事項等をリアルタイムで確認する事も可能です。様々な電子カルテを実際の現場で使用し、新たに分かった問題点や解決策から生まれた、画期的な製品であるといえます。その分のスペースを他の機材を置いたりして活用する事ができるようになりました。油井コンサルティングの"ドクターソフト"を紹介してみたいと考えます。

紙のカルテの場合、カルテの管理の仕方が違うところも有ります。

受付において過去の保険履歴を確認出来ます。紙のカルテの場合、一定期間ごとに更新されたり処分されたりしてしまう事が有ります。

がん保険比較 靭帯性外反母趾 子宮筋腫がもたらす不妊 腰痛に効く水中歩行のやり方 高血圧症のための漢方薬