東芝電子カルテ

東芝電子カルテ

電子カルテは情報が消えてしまう可能性というのが心配です。患者側から医師の言うことは信じたいのは山々です。違う病院での処方内容も表示する事ができ、レセプトの点検作業を行う医療事務の方にとっては、たいへんありがたい機能になっています。

ドクターボード(Dr.Board)は、電子カルテでありながら手書きで入力できる、紙カルテの良いところも残した最新の電子カルテです。短時間化する事が出来ます。診療所で行われる業務をサポートしていきます。定型文も保存しておけます。医療費請求に関わる診察の内容や薬のことなどが書いて有ります。電子カルテだと情報が整理されて管理されます。

会計確認画面もかなり見やすく、左側にはカルテを、右側には会計の計算を同時に表示出来ます。時間が大幅に節約出来ます。

診療時間を入れても20分〜30分で済むようになったんです。患者さんの基本的な情報を始め、アレルギーや過去の診察内容も瞬時に把握する事が出来ます。他には、診療に使う医療機器は沢山有ります。印刷の範囲もこちらで設定出来ます。

電子カルテで打ち込むだけだと、自分が何を入力したのかも忘れている事が有るんです。

女性と骨粗しょう症 内科的観点から見る更年期症状 メソセラピーとリバウンド メタボ検診と企業採用 糖尿病と中食の上手な利用術