日立電子カルテ

日立電子カルテ

今まで主流で使われてきた紙のカルテが、電子カルテに少しずつ意向し始めています。ある病院で治療が困難な場合などに医師に紹介状を書いてもらう場合がありまでです。

患者さんが受付を患者さんの情報や問診票などが、院内の連携システム全てに迅速に伝わります。初診の患者さんが記入する問診票は、受付で簡単に入力可能です。検査結果の表示も簡単です。キーボードの入力が苦手な医師にとっては、業務の負担を減らす方法としてたいへん使いやすいものになっています。サンヨーの電子カルテシステム"メディコムDP/XII"の素晴らしい機能の数々を見ていきたいと考えます。現在の医療機関一定期間が過ぎると過去のデータは処分してしまう様です。

一緒に画面を見ながら細かく説明出来ます。手書きの操作と"MedicalAI"を合わせた事です。色んな面でメリットが広がってるなって感じまでです。現在のところはその様な方法がありません。

紹介していきましょう。病院の外来用のカルテで見ていきたいと考えます。紙カルテの形式である2号紙のイメージを採用しています。

院内の通達や連絡事項、注意事項等をリアルタイムで確認する事も可能です。

砂遊び療法と箱庭療法 口臭予防は正しい食生活から マタニティになったら服選び メタボ検診のペナルティー 保険料 コンタクトレンズの誕生