富士通電子カルテシェア

富士通電子カルテシェア

的確な指示を出す事が出来ます。診察が終わったときには、医師の指示は会計にすでに伝わっています。特に薬の処方箋など、従来は患者が処方室に持って行っていました。ごく当たり前だと考えて疑問に感じない方も多いと考えます。ドクターボードで更に業務を効率的に行う事ができるようになるでしょう。今回ご紹介するのは、実際に電子カルテシステムERを導入している足利富士見台病院のスタッフさんのお話です。

画像ファイリングとビューワシステムを兼ね備えたのが、"MindImage"です。

オーダーミスや指示忘れなどもありません。実際に使っている診療所が徐々に増えてきている様です。カレンダー上から修正も追加も可能です。シーマチャートを導入して良かった。

事務方にとっては強力なサポートになります。受付で"ORKA"に患者さんの情報を登録し、そのまま医師に伝わります。

全ての診療科の請求計算を同時に行う事が出来ます。ミスがかなり減りました。レセプト確認機能がついています。

男性恐怖症の症状と克服方法 ビタミン 乳がんの自己検診(触診法) ビタミンEと抗酸化作用 副作用の心配のないアスタキサンチン